タラソワさんインタビュー『真央ちゃんを語る…』

最初にこの記事を読んだとき…衝撃&鳥肌が立ってしまいました(*´∇`*)
多くの方に、タラソワさんのこの記事を知っていただきたいと思いましたので
ブログタイトル『おろしあ国夢日記』のパグ犬もも様より
転載の許可をいただきましたので、ご紹介いたします。


『タラソワインタビュー』

エレーナ・ヴァイツェホフスカヤ記者によるタラソワのインタビュー記事が、「スポーツ・エクスプレス」紙に掲載されていましたので、浅田真央選手に言及した部分を抜粋してご紹介いたします。

http://winter.sport-express.ru/figureskating/reviews/18018/
2011年11月24日「スポーツ・エクスプレス」紙より
「教え直すのは不可能だ」
インタビュアー:エレーナ・ヴァイツェホフスカヤ
(前半略)

-今年、アデリナ・ソトニコワ選手にショートとフリーの振り付けをしましたね。「ボレロ」と「愛の夢」を。その振り付けを始めた頃、浅田真央選手も今シーズン、フリーに同じ曲を使おうとしているのを知ったのですか?

いいえ。今年の夏、ショートプログラムの振り付けのため、浅田選手が私のところにやって来たとき、前回のフリーのプログラムを今シーズンに残しておくかもしれない、と言ったのです。実際、私は、浅田選手のために「愛の夢」の振り付けをしたかった。しかし、彼女は拒否しました。

-どうしてですか?

理由は聞きませんでした。また、考えを変えさせようともしませんでした。もっとも、その後、真央が練習に向かったアメリカで、フリーのプログラムを変えるように、そして、音楽に「愛の夢」を選ぶよう説得されたようです。私が3年前に初めてこの曲を彼女に提案したので、彼女にはこの音楽がありました。幸いなことに、真央が選んだ仕上げは、私が結果的にアデリナのために仕上げたものではありませんでした。

事の本質は、音楽が同じことにあるのではありません。クラシック音楽、これは全世界の財産です。そして、常に、フィギュアスケートの世界ではクラシック音楽が使われています。その上、ソトニコワは、今シーズン、シニアの世界選手権で演技する可能性はありません。彼女にとって“シニアの”シーズンは、12月にはもう終わってしまうのです。大切なのは別なことにあります。つまり、このプログラムに盛り込まれた全てのことをアデリナが成し遂げることです。多くのことがこのプログラムには盛り込まれています。だから、私はいつも、フリーにクラシック音楽を使うよう言ってきました。その代り、私とアデリナは、ショートプログラムで試してみることにしたのです。


-それはどういうことですか?

フィギュアスケートには珍しいリズムになりました。音が一つの動きではなく、いくつかの動きで伝わるのです。音というのは、一度たりとも、完全にきれいなことなどありません。音は、常に、まるで「こわれている」かのようです。このアイディアのため、呼吸、筋肉の極めて正確な動きに合わせて作られた非常に複雑な振り付けが生み出されました。このような振付は、多くのエネルギーを奪います。まちがいなく、アデリナには大変な負担でしょう。しかし、彼女は、この1年だけのスパンを念頭においているのではありません。

―ソトニコワの成長期は、どのくらい続くと思われますか?

今シーズンほどつらくはならないと思います。でも、これから逃れられないのです。成長期をただ乗り越えるしかありません。しかし、この問題は、かつて、ヤグディンとプルシェンコが比較されたように、ソトニコワがトゥクタミシェワと今後常に比較されることとは、異なることです。スポーツ選手にとって、この比較は、更なる重圧になります。彼らのコーチにとってもそうです。しかし、これこそが、フィギュアスケートを進歩させているのです。

―オリンピックシーズン、そしてオリンピック終了後も、全く同じように浅田真央選手と金妍児選手が比較されました。当時を振り返ってみて、浅田選手があなたの指導の下、練習していた時、浅田選手がプログラムをあまりに難しくしようとしたことが、結局、あまり実を結ばなかったと思われませんか?

浅田選手は、ルールの観点から難しい時期に私の下で練習していました。例えば、ルッツの際のインサイドエッジでの踏切が、そのジャンプに対し0点とされました。現在のように、0.2や0.3の減点ではなく。当時、真央は3回転ルッツと3回転ループのコンビネーションジャンプを跳べていたにもかかわらず、試合では、“問題のある”ルッツを2度の3回転アクセルに替えざるを得ませんでした。一つのプログラムに2度の3回転アクセルを跳ぶことに成功した女子選手は、世界に浅田選手以外いませんでした。

もし、真央のお母さんが彼女に強制した不幸な追加トレーニングがなければ、バンクーバーオリンピックでも、彼女は、このプログラムをやり遂げていたのではないでしょうか。トリノの世界選手権で、彼女はうまくいったではないですか?彼女のトリノでのスケーティングは、長い間、世界の記録に残ると思います。でも、ルッツは、現在でもインサイドエッジで踏み切って飛んでいますが。

-教え直すのは不可能ですか?

残念ながら。ジャンプの踏切りは、小さい頃から教わるものなのです。選手は、誰がこのように跳ぶのを教えたのか全く覚えてないくらいでしょう。選手が毎日8年~9年もかけて繰り返してきた過ちを修正するには、非常に長い時間が必要なのです。

(後半略)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

パグ犬もも様、どうもありがとうございました。
中々、タラソワさんと真央ちゃんの事を記事にしたものが国内では出てこないので(出てきてもマイナス要素になるようなものばかり…)なので、読んだときに鳥肌が立ってしまいました。

私はずっと、愛の夢の曲提案はローリー・ニコルさんだとばかり思っていたんです。
真央ちゃんのことはずっとずっとファンでしたが、あまりなにも考えていない
ただ真央ちゃんが好き!なファンでした(笑)
そうしたら、オリンピックシーズンの時に『鐘』か『愛の夢』の、どちらをフリーで使うかと
既にリストの中にあったんだと、後から知りました。
タラソワさんが、おっしゃるように
>浅田選手のために「愛の夢」の振り付けをしたかった。

タラソワさんは、真央ちゃんに振付をさせて欲しいと言っていたんですね。
ローリーの愛の夢は大好きです!!
とても素敵で、真央ちゃんのイメージに凄くあってるなぁ~って、思います。
でも、タラソワさんが振り付けた『愛の夢』も、どんな感じに仕上がるのか見てみたかったな~と言うのが正直な気持ちです。

昨シーズンに、愛の夢を完成させることのできなかった真央ちゃん。不完全のまま、タラソワさんにお願いすることはありませんもんね。
完璧に仕上げた時点で、次に進んでいくのが真央ちゃんですから・・・

今日、これから行われる愛の夢…優雅で優しさに包まれた真央ちゃんの演技に魅了されるのが楽しみです。どこかで、タラソワさんも見てるのかな~(*´∇`*)


パグ犬もも様の、このタラソワインタビューのひとつ前の記事に
『浅田選手との対決が楽しみです』
が、あります。アデリナ・ソトニコワ選手の真央ちゃんをリスペクトしている事が伝わってくる
とても素敵な記事となっています。

―浅田選手は、本当に私の憧れの選手です。だから、彼女と同じリンクで演技することをとても楽しみに思っています。

―彼女は、闘士です。昨シーズンは、浅田選手にとって、あまり良いシーズンとなりませんでした。しかし、力を集中させて準備をし、できることの全てを見せてくれました。彼女は、よくやったと思います。自分に打ち勝ったのですから。だから、私も同じように自分に打ち勝ちます。自分のしていることに満足感を得なければならないと思います。


昨シーズンの真央ちゃんのことはきちんと見ていたんだな~と思いました。



動画主様、お借りします。

e0199691_16294028.jpg


ロステレコム杯が始まる前日に放送された報道ステーションの
ソトニコワ選手の、特集…
ちらっと移りこむ真央ちゃん。ソトニコワ選手、どんな気持ちなのかな~と思ってしまいました。
自分に打ち勝つと言ってるから、視界には入るだけって感じなのかな?


あと少しでフリーが始まります。
今から晩御飯の仕込みをし、(豚汁にします!)準備万端にしておかないと!!






にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://think58.exblog.jp/tb/16962054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-11-26 18:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-11-27 00:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-11-27 01:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aloha0508 at 2011-11-27 11:19
>鍵コメYさん、こんにちは!コメント有難うございます。
私もこの記事を読んだときに真央ちゃんへの気持の深さが
よく伝わるな~て、思ったんです。
今まで、タラソワさんインタビューも中々なかったので
オリンピック後の関係とか・・・SPの振り付けはその後も続いているから関係は絶対にいいとは思ってはいても中々情報としては入ってこなかったので・・・つい興奮してしまいました。
まだまだ、矯正中の真央ちゃん・・・でも、真央ちゃんのことですからLzは必ずソチまでにものにしていると信じています。
今回はエッジエラーをやっぱり取られてしまっていましたが・・・^^;
佐生コーチの下でゆかりさんも強制できたんですね。だったらなお更です♪
みどりさんのジャンプの高さと回転速度といいましょうか、圧巻ですよね。今見ても凄いな~感心しちゃうくらいです!!
Commented by aloha0508 at 2011-11-27 11:31
>鍵コメKさん、こんにちは!コメント有難うございます。
本当に真央ちゃんの笑顔は凄いパワーを秘めていますね♪
今までだと、ミスをした後、破棄がなくなり見ているこちらも胸が詰まる重いでしたが、気持を上手にコントロールできてるなって思います。佐藤コーチの指導の賜物ですね。
50%の出来・・・まだまだ、伸びしろがあるってことですから、さらにパワーアップした真央ちゃんを楽しみにしたいと思います。

タラソワさん、きっと曲提案と真央ちゃんへの思いが強いんだな~って思いますね。
今回の点数を見てもあのオリンピックのエセ銀河点の足元にも及ばないですから、いかにバンクーバーオリンピックで八百長があったかが良く分かりますね。
何事にも完璧を求めていく真央ちゃん。今季は愛の夢の完成度!
世選の『鐘』の完成度をグダグダヨナの演技より低かったことだけが許せませんが、やりきった感の真央ちゃんの強い闘志が伝わったことが忘れられません!!
Commented at 2011-11-28 21:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aloha0508 at 2011-11-29 01:56
>鍵コメRさん、今晩は!コメント有難うございます。
本当にそうですね。あの『鐘』が…そして、タラソワさんが真央ちゃんを本当の意味で強くしてくれたんじゃないかって思います。
あの『鐘』があったからこそ、今の『浅田真央』が存在するんですよね!!
by aloha0508 | 2011-11-26 16:34 | 真央ちゃん | Trackback | Comments(7)

フィギュアスケートが好きです。特に浅田真央選手を応援しています。


by aloha
プロフィールを見る
画像一覧