真央ちゃん、沙羅ちゃん、牧野さん♪


動画主様、お借りします。

この、ひるおび見たかったんですよね~

▽沙羅躍進&真央復活のキーマン直撃
こんな、言葉を見ったったら気になりますよね。
どれだけ、高梨沙羅ちゃんと真央ちゃんを絡めてくるのかな~って思ってて
出かける前まで覚えていたのに、とくダネ見てイライラしてたら
忘れてしまいましたよ~
アップしてくださった、動画主様に感謝いたします。

e0199691_0501786.jpg
e0199691_0504031.jpg
e0199691_0505948.jpg
e0199691_0512070.jpg
e0199691_0514092.jpg
e0199691_0515975.jpg
e0199691_0522190.jpg
e0199691_0523917.jpg
e0199691_0525614.jpg
e0199691_0531421.jpg
e0199691_0541117.jpg
e0199691_0542767.jpg
e0199691_0544491.jpg
e0199691_0551337.jpg
e0199691_0552833.jpg
e0199691_0554422.jpg


高梨沙羅:浅田真央と同じトレーナーに師事 ソチでジャンプ“競演”
2013年02月18日

 ソチ五輪では真央とのアベック金メダルが実現する!?高梨が遠征の合間にトレーニングに通うのが森永製菓「ウイダートレーニングラボ」(東京都港区)。昨オフから定期的に通い、浅田真央のトレーナーでもある牧野講平氏(33)から指導を受けている。

 女子ゴルフの有村智恵らも見てきた牧野氏は、高梨について「優れているのはバランスの良さと感覚の鋭さ」と評する。「単純に脚力でいえば海外の選手の方が上。浅田選手と似たようなところがある」と2人の共通点を語った。牧野氏が同行できない海外遠征でも高梨はストレッチポールなどを持参し肉体づくりに励んでいる。今遠征の出発前には「浅田真央さんがトリプルアクセルを跳んでいるところを見た。自分も頑張らなきゃ」と語っていた。ソチの大舞台でも2人のジャンプの“競演”が見られるはずだ。(スポニチ)

真央、沙羅 氷と空の妖精が誌面“対談”
【2月7日付日刊スポーツから】

 真央から「沙羅ちゃん」へ、沙羅から「真央さん」へ-。14年ソチ五輪まで7日であと1年に迫った。フィギュアスケートの浅田真央10+ 件(22=中京大)と新競技の女子ジャンプの高梨沙羅10+ 件(16=グレースマウンテン・インターナショナル)。最注目の2人にそれぞれ、互いの印象、ライバル、そして1年前の決意について語ってもらった。紙上の“対談”で、金メダル候補のいまに迫る。【取材・構成=松末守司、阿部健吾】

 2人の冬のヒロインが大輪の花を咲かせる時を待っている。1人は2度目の五輪で銀盤の新女王になるため、氷上を幾千回と跳んできた。もう1人は新たに採用される競技で、白銀の初女王になるため、幾千回と空を飛んできた。

 3年前、初出場した10年バンクーバー五輪は19歳だった浅田。華麗な滑りに、期待を一身に背負っていた。

 新競技の女子ジャンプで無類の強さを誇る高梨。五輪では初となる表彰台の頂点へ、いま期待は日々高まっている。

 2人はこれまで面識はない。ただ、冬季五輪で戦う先輩、後輩として、その姿は互いを刺激している。

 浅田 16歳ですが、しっかりとしていてまじめな印象です。

 高梨 すごくすてきで、物腰が柔らかく、それでいて、スポーツ選手として心(しん)の強さを感じます。その部分がすごく光っています。

 浅田は同じ10代で初五輪を踏むだろう後輩に、たくましさを感じている。高梨は6歳上の先輩へのあこがれを、日ごろから隠さない。そして、自分もそうなりたいと願う。

 高梨 試合を見ていると引き込まれる気がします。すごくきれいな演技。自分も見ている人が楽しいと思えるジャンプを飛びたいと思います。

 どうすればそうなれる? 浅田の答えはシンプル。そして、それは同時に後輩へのエールでもある。

 浅田 (五輪では)練習が自分を支えてくれると思います。同じスポーツ選手として一緒にソチ五輪を目指して行きたいですね。

 氷上で8時間以上も滑り通しのこともある浅田。厳しい練習の積み重ねが向上となり、自信となってきた。だから、説くのは日々の大切さだ。

 ソチ五輪まであと1年。2人の共通点はライバルの存在にある。

 浅田には同学年の金姸児(韓国)がいる。バンクーバー五輪で金メダリストに。その後は休養していたが、五輪プレシーズンとなる今季復帰。国際スケート連盟(ISU)の公式記録ではないが、合計点で今季最高点を記録するなど、実力は健在。3月の世界選手権(カナダ)で11年の同大会以来、2年ぶりに同じ試合で争う。

 浅田 (バンクーバー五輪前は)やはり(金に)勝ちたいという思いが強くなってしまう時もありました。しかし、それは自分を成長させてくれたし、強くしてくれていたのだと思います。いまは自分のやってきたこと、自分の滑り、表現したいこと、自分が目指している技術を成功させることに気を付けてます。

 高梨のライバルはくしくも、同じ名前の「サラ」。米国の18歳サラ・ヘンドリクソンは、昨季W杯で13戦9勝して総合優勝、今季も五輪プレ大会となった2月ソチ開催のW杯で優勝するなど2勝を挙げる。

 高梨 ずっと目標にしてきた存在。彼女の勝負強さ、技術、安定性を見習いたいなと思います。

 切磋琢磨(せっさたくま)の先にある夢舞台まで365日。あらためて五輪とは-。

 浅田 バンクーバーが終わった後、すぐは悔しい気持ちでした。でも、今まで小さな時から夢だった五輪に出られたことは良かったですし、メダルを取れたこと、トリプルアクセルを跳べたこと、ショートもフリーも自分の全てを出せたこと、五輪までの全てが思い出です。大きな舞台を経験して、気持ちが強くなったと思います。いまはソチ五輪がとても楽しみです。出場できるように頑張ります。五輪シーズンは曲やプログラムも大切になってきます。最高の舞台で、自分の最高の演技ができるようにしたいです。

 高梨はその道を歩いている途中だ。女子ジャンプは99年に国際大会が実施されたが、10年バンクーバー五輪の採用は見送られた。世界選手権が始まったのは09年。苦節を味わいながら先人たちが築いてきた道の続きを、高梨は歩いている。

 高梨 ずっとあこがれていた五輪で正式種目に採用されました。女子ジャンプをずっと引っ張ってきて下さった先輩たちの夢がかなって、やっと報われたと思いましたし、自分の夢でもあったのでうれしい気持ちでした。今は五輪が目標としてあるので、やるべきことが明確になりました。1試合1試合を大事に戦っていきたい。まだ、安定性と精度に欠けている。そこをレベルアップさせたい。

 初めての思い出を、より楽しい思い出で塗り替える舞台。あこがれの先に、初めての思い出を刻む舞台。真央と沙羅、2人の日本のヒロインを迎える冬の祭典の足音が近づく。

 おことわり 浅田、高梨それぞれ別に取材を行い、対談形式に構成しました。
 [2013年2月10日8時16分 紙面から]


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



牧野さんの、真央ちゃんと沙羅ちゃんに対するイメージ…

まじめでストイックで、昔の職人さんみたいに手を抜かない

そんなまじめな二人だからこそ、メダルに一番近い位置にいられるんですよね♪

沙羅ちゃん、今季8勝目!!スキージャンプの日本女子として初めての個人総合優勝(W杯ノルディックスキージャンプ)おめでとうございます。
e0199691_1182445.jpg
e0199691_1184256.jpg







にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://think58.exblog.jp/tb/19824014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by aloha0508 | 2013-02-20 01:20 | 真央ちゃん | Trackback | Comments(0)

フィギュアスケートが好きです。特に浅田真央選手を応援しています。


by aloha
プロフィールを見る
画像一覧