ゆかりちゃんから見た、大真央休養宣言。

時刻が変わって7月1日・・・
いよいよ、本格的なスケートシーズンに突入いたしました。
あっという間ですね。
ソチシーズンが、昨日で本当に終了となり、次へのスタートを切ったわけです。
大真央ファンの私としては、少々寂しいシーズンの始まりとなりますが・・・
私なりの応援ペースで行こうと思います!
どうぞよろしくお願いいたします(*´∇`*)


さっそくですが、ゆかりちゃんのコラムで大真央について触れてくれています♪
ゆかりちゃんが言うからこそ、ズーーーンと伝わってくるものがあります。



【中野友加里のスケーターたちの素顔】エース2人の休養宣言 「まだできる」の思い
2014.6.30 12:25
e0199691_020228.jpg

ソチ五輪のフィギュアスケートのエキシビションの練習で手をつないで滑る浅田真央選手(左)と髙橋大輔選手=2014年2月21日、ロシア・ソチ(共同)


 「またご飯行こうね」。こんなメールをもらったのは、フィギュアスケート男子の髙橋大輔選手が来季の休養を明らかにしたときのことでした。

 2006年のトリノ五輪から今年2月のソチ五輪まで3大会連続出場。10年のバンクーバー五輪で日本男子初の銅メダルを獲得したのをはじめ、世界選手権もグランプリシリーズ(GP)のファイナルも日本男子で初めて制しました。実力、人気ともに日本男子を牽引(けんいん)してきたエースの休養には、少なからず驚きもありました。

 1年ほど前に話をしたときには、「俺は(18年の)平昌(五輪)までやる。ずっと競技を続けたい」と明言していたからです。それでも、五輪シーズンが始まると、古傷だった右膝の痛みに苦しめられ、五輪に万全のコンディションで臨むことができなかった。そんな中で、一度切れてしまったモチベーションは、来季へとすぐに高めることができなかったのだと思います。

 では、引退できるかといえば、そこまでの踏ん切りもつかなかったのでしょう。悩んだ末の「休養宣言」だったのだと思います。

さらに、女子の浅田真央選手も来季の休養を宣言。日本フィギュア界は来季、男女のエースだった2人抜きでシーズンを迎えることになったのです。

 進退考えさせられる

 06年トリノ五輪。男女を通じて日本で初めて金メダルを獲得したのが、荒川静香さんでした。惜しくも表彰台には届きませんでしたが、卓越した表現力で村主章枝(すぐり・ふみえ)さんも4位入賞を果たしました。

 2人は五輪から帰国後、自らの意思でその後の進退を決断しました。荒川さんは引退してプロの道へ。そして、村主さんは4年後のバンクーバー五輪を目指し、さらに再びソチ五輪へと目標を定めてチャレンジを続けました。いまなお現役を続けています。

 私がまだジュニアの選手だった中学2年のとき、推薦枠で初めて選ばれた全日本選手権に荒川さんも村主さんも出場していました。2人はお姉さんのような存在で、目標でもあり、トリノ五輪を目指したときにはライバルでもありました。そんな2人の決断は、私がスケート選手としての進退を初めて意識したときかもしれません。

 バンクーバー五輪を目指した私は24歳のときの全日本選手権で3位となり、残念ながら夢をかなえることができませんでした。振り返れば、体はすでに限界を超えていました。最後のシーズンは、練習量に体がついていかなくなっていました。「もっと滑っていたいのに…」。痛み止めを飲んでリンクに上がる日々でした。いわば、全日本での演技の瞬間に私は完全燃焼していたのです。次の4年間を考えることはもう無理でした。

 競技見つめ直して

 大ちゃん、そして真央の休養を聞き、改めてスケーターの進退を考えさせられました。

 海外では金妍児(キム・ヨナ)さん(韓国)をはじめ、休養後に再び五輪を目指す選手がいますが、日本ではこれまであまりなかった選択肢です。

 私個人の考えとしては、選手としての理想は、試合をコンスタントにこなして実績を積み重ねていくことだと思っています。休養が大きな決断なのは、ブランクによって試合勘が失われるリスクがあり、復帰の道がそれだけ険しいのも現実だからです。安藤美姫さんが休養から復帰して、「試合はこんなに疲れるんだ」と嘆いていた姿が印象に残っています。

 一方で、「まだやれるかもしれない」という思いが少しでも残っている間は、休養という選択肢も有効だと思います。引退するのは「本当にやめたい」「やりきった」と思った時点でいいと思うからです。

 とくに真央は幼少期から大きな期待を背負って滑ってきました。ソチ五輪ではショートプログラムで16位と出遅れながら、フリーで巻き返して「やっぱり真央は強いな」と感心させられました。3月にさいたまで行われた世界選手権も圧巻の演技で優勝。このとき、「自分が求めているスケートがようやくできた」と思えたのと同時に、心身ともに疲れたのかなというのが私の受け止めです。

 大ちゃんにも真央にも、まずはゆっくりと休み、昨季までとは違う目線で「フィギュアスケート」を見つめな直してほしいなと思っています。その上で、もう一度、試合の会場で滑りたいと心から思えたときに、ぜひ戻ってきてほしいです。

 そして、次の世代の若い選手たちには、もし2人の両エースがいなくなってしまっても、日本のフィギュア界は大丈夫だとファンの方々に思わせられるくらいの演技で盛り上げていってほしいと願っています。(元フィギュアスケート選手、フジテレビ職員 中野友加里(ゆかり)/SANKEI EXPRESS)

e0199691_021443.jpg
フィギュアスケートのジャンプ=2014年2月17日現在元フィギュアスケート選手で、フジテレビ職員の中野友加里(ゆかり)さん=2010年9月18日(本人提供)

 ■なかの・ゆかり 1985年、愛知県江南(こうなん)市生まれ。史上3人目のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功し、2006年~08年まで3年連続で世界選手権日本代表。10年に現役引退し、フジテレビに入社。早大大学院修了。著書「トップスケーターの流儀~中野友加里が聞く9人のリアルストーリー」(双葉社)が発売中。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


大ちゃん、昨年までは平昌まで頑張るって、言ってたのか・・・
ソチの先まで見てたんだな~って・・・


二人とも、若くして日本をずっと背負っていました。。。
どれだけのプレッシャーが二人を襲っていたことか。。。


 大ちゃんにも真央にも、まずはゆっくりと休み、昨季までとは違う目線で「フィギュアスケート」を見つめ直してほしいなと思っています。その上で、もう一度、試合の会場で滑りたいと心から思えたときに、ぜひ戻ってきてほしいです。

ココの言葉・・・ジーンときちゃいます。

その通りですね。。。










にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ



人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://think58.exblog.jp/tb/22160250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あらき at 2014-07-01 19:26 x
高橋君が考え直した理由には、プッシュあるなしの現実を肌で感じたんだと思いますよ。
高橋君はトリノ五輪以降は一貫して日本のロビーの恩恵を受けていました。バンクーバーのメダルもその恩恵もあります。そして、ソチでは浅田さんのように嫌がらせこそはないけれど、その恩恵は羽生君にうつっていました。
そういうのの、あるなしによる差を肌で感じ、同時に、女子の境遇をみているだけに、後押し無くして続けていく大変さをしみじみ感じたんじゃないでしょうか。
かといって、公平な採点の競技だったら、今までの活躍の一部のメダルが消えていたかもしれません。
日本の場合、増えるのは女子のメダルが多いでしょうね。
浅田さんの五輪金メダルと金以外のメダルもうひとつ、
村上さんのワールドの銀か銅のメダル、GPファイナルの安藤さんの金メダル、中野さんのワールドの銀メダル、このあたりは確実でしょう。
Commented by ゆき at 2014-07-01 20:36 x
aloha0508様
いつもブログの更新ありがとうございます。
去年1度コメを残したものです。そんな通りすがりの者にも、コメント返しをしていただきました。その節はありがとうございます。(今回もたいしたコメントではないので、するっと読むのみで結構ですよ^o^

今回のゆかりさんの記事は温かくもあり、また読みごたえがありますね。
恥じない選手時代、引退後の仕事をされている方の言葉には誠実さを感じられます。(どなたかと比べております)

aloha0508さんのブログには純粋に真央さん、フィギアスケートを応援するお気持ちに溢れていますよね。
現実でお会いすることは出来ませんが、同じ真央ちゃんファンとしてお話するような気持ちでこちらのブログに訪問しております。

これからもよろしくお願いします^o^

Commented by aloha0508 at 2014-07-02 00:59
>あらきさん、今晩は。コメント有難うございます。
はたして、ロビー活動の恩恵だけでトリノ以降、高橋大輔は存在していたのかなって思うのです。
プッシュしてもらえることは、大事だと思います。
でも、そこに彼の実力ももちろんありますよね。
ただ、公平な採点って、本当に皆無だなとは思いますけど・・・
今後、増える日本のメダルは女子なのかしら?そこは私は考えが違くって、男子のほうが少々増えるのでは?と。佳菜ちゃんは世選でかなり抑えつけられました。
新しいシーズンに入って、どういう動きになるのかまったくわかりませんが、そこのところは要チェックですね。

あとあらきさんのおっしゃる
>GPファイナルの安藤さんの金メダル、中野さんのワールドの銀メダル、このあたりは確実でしょう。

は、安藤実姫さんと、中野 友加里さんのことでしょうか?
すでに引退されてるので、今後のメダルはないのではないかなって思います。
Commented by aloha0508 at 2014-07-02 01:05
>ゆきさん、今晩は!コメント有難うございます。
本当に、間近で見てくれているからこそ・・・
そして、選手と同じ目線で見てくれているからこその言葉ですよね。
ゆかりちゃんが語ってくれることが、本当に温かみがあって心からのエールを送ってくれてるなって思うのです♪
比べられてる(私が思ってる人です)方は、無難なことしか言わないので全く伝わってこないんですよね。
大ちゃんのソチの演技後に、『安心してる表情』といったことがどうにも引っかかってます。大ちゃん自身もそんな風に思ってなかったって言ってましたし。全然わかってないじゃんって・・・(愚痴になっちゃいました(;´▽`A``)

真央ちゃんって、本当に素敵な女性ですよね!
時におとぼけチャンで、時に凛々しく、そしてたくましい!!決して後ろを振り向かず、常に前を向いているところ。本当に尊敬しちゃいます。だから、真央ちゃんを応援せずにはいられないのですよね~♪
同じ真央ファンとして、これからも宜しくお願いいたします♪
いつでも、遊びにいらしてくださいね(=⌒ー⌒=)ノ~☆・゜
by aloha0508 | 2014-07-01 00:43 | 真央ちゃん&大ちゃん | Trackback | Comments(4)

フィギュアスケートが好きです。特に浅田真央選手を応援しています。


by aloha
プロフィールを見る
画像一覧