信じられる言葉は、真央ちゃんと信夫先生の言葉のみ!

真央復帰に佐藤コーチ「私が1番興味津々です」
[2015年5月18日19時18分]
e0199691_23405086.jpg
浅田を指導する佐藤信夫コーチ

 現役復帰を目指す意思を表明したフィギュアスケートの元世界女王の浅田真央(24=中京大出)を指導する佐藤信夫コーチ(73)が18日に神奈川県内で取材に対応した。実戦復帰の時期についてはこれから見極めるとし、現時点では12月の全日本選手権を目標に練習していく考えを示した。

 佐藤コーチは浅田の状態について、ジャンプも休養前とそこまで変わらずできているとし「1年の休みがあっても、いいものができるんだなという部分がある。これからどう変わっていくか、私が1番興味津々です」と前向きに話した。

 今年1月には浅田から復帰を希望する話を受けていたという。そのときは「もう1度やることはそんなに簡単なことではないと、懇々とさとした」というが、3月にふたたび話し合った結果、まずは練習を再開するという結論に至った。1年間競技から離れた選手を指導することは佐藤コーチも初めてだと話し「試行錯誤になると思う。日々計画を変えながらになるかもしれない。慎重に進めたい」と緊張感を持っていた。

 2人そろっての練習は11日に始まったばかりで、競技用のプログラムもこれから作るという段階。今年10月から始まるグランプリシリーズの出場については「急ぎたくはない。無理も出てくる」と否定的だった。全日本選手権を目安に「まずは半年間しっかりと練習して、そこでまた判断したい」と焦らずに実戦復帰を目指す考えを示した。


真央復帰に佐藤コーチ「どう変わるか、興味津々」/フィギュア
e0199691_23454295.jpg
浅田真央が現役復帰を発表したことを受け、報道陣の取材に応じる佐藤信夫コーチ=新横浜スケートセンター

 フィギュアスケートの浅田真央(24)=中京大出=が現役復帰を発表したことを受けて、指導する佐藤信夫コーチ(73)が18日、横浜市内で報道陣の取材に応じた。佐藤コーチは「いつごろ(元のレベルに戻れるか)とは、今の私にも言えない」としつつ、「これから(彼女が)どう変わっていくのか、興味津々」と、浅田の新たな旅立ちに期待を表した。

 浅田の休養宣言後は、「小塚崇彦の指導で中京大のリンクに行ったときなど、窓越しに彼女が滑るのを見たことがある程度」で、特に指導することはなかったと佐藤コーチ。今年に入って早々、復帰を考えているという話を聞いて、「もう一度やるのは簡単なことじゃない」と「こんこんと言って聞かせた」という。「そのときは、あまり反応がなかったが、今日ブログを見て、あそこまで正確に言葉を使うのかとビックリした。成長したなと感じた」。この1年間で「いろんなことを見聞きしたんでしょう。受け答えなどが、ずいぶん大人になったと感じる」とした。

 復帰が確定的になったのは3月。「その時点で、何かを目指してというのではなく、とりあえず練習を始めるところから、しっかりやっていこうと話した」そうで、実際に佐藤コーチの下で浅田が練習を始めたのは今月11日からだ。

 練習再開から1週間。「1年間の休みの間に、ずいぶん変わったなと思うところもあれば、昔通りと思うこともある」。トリプルアクセルを含む3回転ジャンプの状況については、「(課題だった)ルッツはもう少し時間をかけてやりたいが、1年前と、そんなに変わったということはないくらい、できていると思う」とした。

 浅田自身は会見で、「昨年の世界選手権のレベルまでもっていかないと試合に復帰できない」と目標を話した。佐藤コーチは「スタミナの問題など、どこかで崩れてくるだろうし、それを繰り返すことで、だんだん本来の調子を取り戻すことになる。いつごろ、とは今の私にも言えない。しっかり練習をして、一歩一歩、前に進んでいくことを考えないと。できるものから一つずつ固めていくのが大事だと思う」と慎重な姿勢を示した。

また24歳という年齢から「ある年齢を過ぎると故障が出るなどして、練習が軌道に乗らなかったということが起きる。従来の練習量でガンガンいったらどうなるか、私にとっても試行錯誤になるし、日々、注意深くやっていかないと」とした。復活の目安についても「何か目標を置いて『何が何でも、そこまでいかなきゃ』ということはない。その日、その日の状態を見て、『じゃあ、もう少し先をやろう』と仕向けていくのが私のやり方」と、具体的なゴールを示すことはなかった。

 日本連盟の小林芳子フィギュア強化部長は先週、浅田がグランプリ(GP)シリーズに通常枠で出場できる見通しだとしたが、佐藤コーチは「まだ(ポイントなどの)数字を確認していないし、(練習再開からまだ時間がたっておらず)もう少しやらないと(判断はできない)」。そのうえで「私としては(GP出場を)急ぐようなことはしたくない。(今季の)目標としては全日本選手権に焦点を合わせ、可能性があれば世界選手権を目指す」と、現時点での考えを示した。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


信夫先生の記事をやっと見ることが出来ました!
ミヤネ屋の信夫先生のが先だった~(;´▽`A``
なんだか復帰戦がいつだとマスコミ各社がまたまたこぞって
賭けでもしているのか?と言うくらい出してきてますね。
驚いたのがジャパンオープン。これは絶対にない気がします。
職場の真央友さんと、昨日自分なりの真央ちゃんの初戦はどこになるのか?なんて、シュミレーションしてみたんですけど・・・((  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!!マスコミと同じじゃんって・・・そこんとこは・・・ ヾ(゚∀゚*)まあまあ)

中部ブロック大会が9/26頃の開催予定だそうですね。
全日本に標準を合わせているなら、ココからスタートとなりそうだけど
何せ練習期間が短い。

信夫先生の
>今年10月から始まるグランプリシリーズの出場については「急ぎたくはない。無理も出てくる」と否定的だった。全日本選手権を目安に「まずは半年間しっかりと練習して、そこでまた判断したい」と焦らずに実戦復帰を目指す考えを示した。

を勝手に読み取ると全日本に標準を合わせてるようですから
GPSならば・・・
スケートアメリカ 2015.10.23 - 2015.10.25
スケートカナダ  2015.10.30 - 2015.11.01
中国杯       2015.11.06 - 2015.11.08
エリックボンパール杯 2015.11.13 - 2015.11.15
ロステレコム杯 2015.11.20 - 2015.11.22
NHK杯      2015.11.27 - 2015.11.29

中国杯とかエリボン辺りが初戦でNHK杯で組めたら
中部ブロックよりもより練習できるんですよね!
でも、エントリーするかどうかは今月末までにISUに言っとかなくちゃいけないんでしたっけ??
とりあえず登録だけしておいて、ダメなら・・・は美姫ちゃんがキャンセルした時
ペナルティーが与えられるって言われていました。
罰金取られちゃうんでしたよね??
となると、うかつに出来ないか~とかね。
でもTABの中に何とか入ることが出来たりしないのかしら?

でもTHE ICE終了して、その後約1ヶ月半くらいになるのかな~その期間でブロックでるよりは
GPSからの初戦のほうが練習が積めるかな~と、トーシローの憶測で考えてみました!

信夫先生の『まずは半年間しっかりと練習して、そこでまた判断したい
で余計に思っちゃったんですけどね~(;´▽`A``
真央ちゃんが練習再開してからの半年後は11月半ば以降ってことだからね~
エントリーされる試合は真央ちゃんが好きな場所を選べるわけではないんですけどね(;´▽`A``

妄想や憶測って、こうやって大きくなっていくんだな~って、自分で書いてて実感です(笑)


話それますが、真央ちゃんのことに対して
ココまで嘘を書きと通す人がいるんだって正直呆れてます
『神林広恵』って人。
よくもイケしゃぁしゃぁーと書けたもんですよ。
そんなあんたも真央ちゃんのことをネタにして小金を稼ごうとしているハイエナのうちの一人なんだよヾ(`◇´)ノ彡☆コノ!バカチンガァ!!

ε-(;ーωーA フゥ…
癒し真央真央補給・・・
e0199691_0321575.jpg
e0199691_0422047.jpg
e0199691_0422889.jpg
e0199691_0423686.jpg



真央現役続行に勝算あり 佐藤コーチの覚悟と自信
2015年05月20日 11時00分
e0199691_0391459.jpg
晴れやかな表情で続行の意思を語った真央
 フィギュアスケートの2010年バンクーバー五輪銀メダリストで、昨年2月のソチ五輪後から約1年3か月休養していた浅田真央(24)が18日、都内で記者会見を開き、現役続行を正式に表明した。トップ選手が揃う舞台への復帰に向けて高いハードルを設定。18年平昌五輪出場についての明言は避けたものの、一方で慎重派で知られるコーチの佐藤信夫氏(73)の「自信」を裏づける証言が飛び出した。師匠の心には“勝算あり”だ。

 18日午前に更新したブログに続き、記者会見でも現役続行の意向を明かした真央は「自然と試合が恋しくなり、良い演技をした時の達成感を感じたいと思った」と理由を語った。一方で、現役生活の厳しさも知っているだけに覚悟も決めた。「コーチ(佐藤信夫氏)からも『この先、何があるかわからない』と言われている」

 復帰戦についても大きな注目が集まる。真央は世界のトップ選手が集まるグランプリ(GP)シリーズ参戦も可能な立場にある。それでも「復帰戦は決まっていない。今は昨季のレベルに戻すことを考え、頑張っている」とし、平昌五輪出場についても「今の時点では考えていない」と述べた。中途半端な状態で表に出るつもりはないということだ。

 師である佐藤氏は「1年間のブランクは大きい。そんなに甘くない」と真央以上に慎重な姿勢を見せている。しかし「あの佐藤君が引き受けたということ自体、真央に大きな伸びしろがあるという手応えがあるから」と話すのは、ライバルとして佐藤氏と汗を流し、真央とも親交があるフィギュア解説者の杉田秀男氏(80)だ。真央の新コーチについて相談された母・匡子さん(享年48)に、佐藤氏を推薦した人物でもある。

「真央は世界女王ですよ。彼女ほどの選手を復帰させるなら、コーチは相当の覚悟で最高の状態をつくらないとならない。ましてや佐藤君は特に慎重な人。本当に無理だと思ったら『やめなさい』とはっきり言いますよ」

 真央と佐藤氏の二人三脚は10年バンクーバー五輪後から。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)にこだわり過ぎる真央を戒め、叱咤激励しながら昨年のソチ五輪フリーでの演技、そして世界選手権金メダルへ導いた。

 それでも杉田氏は、佐藤氏の心に秘めたある感情を指摘する。「佐藤君も、真央の指導でやり残した気持ちがあると思う。基本のスケーティング、スピード、ジャンプを佐藤君が修正してきましたが、ソチ五輪ではまだ発展途上だった」。佐藤氏にも、もっと真央を指導したい思いがあるという見立てだ。

 真央不在の間、エリザベータ・トゥクタミシェワ(18=ロシア)がトリプルアクセルを成功させ、真央の武器が個人の代名詞ではなくなった。さらにグレーシー・ゴールド(19=米国)ら複数の選手も習得を目指しており、来季は昨季以上にレベルが上がることが必至だ。

 この日は明言を避けたものの、真央が休養前のレベルに戻るとなれば来年3月の世界選手権(米国)、そして18年平昌五輪も自然と視野に入る。ハイレベルな戦いになるが、杉田氏は「私も、真央の完成はこれからだと思う。若い選手に勝てる? もちろんです」と太鼓判を押した。

 真央は「24歳でベテランに入ってきているので、ジャンプ技術はもちろん、大人の滑りができれば」と新たな挑戦を口にした。フィギュアの申し子が、さらなる高みを目指し、満を持してリンクに戻ってくる。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

この記事読んでると何だか((o(*^^*)o))わくわく感が増してきます!


なんか、アイスダンスがオリンピック競技から消える??なんて噂話が
昨日から出ていてとっても驚いたんですが
今日ISUから正式に、そんなことはないと発表があったそうですね。
いったいどこから出たガセネタだったのか??
本当に驚いてたんですよ!
ガセネタ流すこと自体(((((¬_¬) フンッですが、でも嘘でよかったです。
e0199691_0552650.jpg


そんなアイスダンスのメリチャリ・・・フレンズにinしましたね~
気持ち的にはTHE ICEに来てほしかったな~"p(-x-〃) イジイジ
でも中国でのアイスショーに出ているから仕方がないですね・・・




※コメントくださった皆様へ
相当遅れてしまってすいません
もう少々お待ちくださいね!




にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://think58.exblog.jp/tb/23145769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Isabelle at 2015-05-22 15:01 x
ホントそうですよね。真央ちゃんと佐藤コーチ夫妻以外の言うことは信じてはいけません!!(笑)

最低でも「2014年の世界選手権のレベル」まで戻す、これを聞いたとき、さすがに目指しているレベルが違う!と感動したのですが、レベルにもいろいろあることに気づかされました。

どうしても技術面のことをすぐに思い浮かべて「さすが真央ちゃん!でも絶対大丈夫だよ・・・」と言いたくなりますが、問題なのはスタミナのレベルもそこまで戻さないとということなんでしょうね。

これは大変です!技術面での感覚を取り戻すにはそれほど長い期間を必要としないかもしれませんが、一度落ちた体力を元に戻すのは、年齢とともにキツくなるし、時間も掛かります。
信夫先生はおそらくそれを一番心配されているのでしょう。

私も一応元アスリート(ローカルレベルですが)なので、その大変さは体験上少しはわかってるつもりです。
しかーし、真央ちゃんは世界レベルのアスリート、私なんぞの想像をはるかに超えた困難を乗り越えなければならないんでしょうね・・・。でも絶対大丈夫!!

復帰戦はGPFが開催されている頃に、欧州で行われているようなB級大会でもいいと思うんですよね。ファイナルの喧騒から離れて落ち着いて試合に臨めるのではないでしょうか?

とにかく!視聴率とチケットの売り上げのために無理やりGPSに引き摺り出すようなことはしないでほしいです。
極端なこと言えば、今シーズンは体を元に戻すことに専念して試合出場はなくてもいいと思うくらいなんです。

それにしても何なんですかね、神林広恵ってライターは?おそらく信用できる関係者から裏取りもせず(多分そんな人脈は持っていないに違いない)書いた捏造&妄想記事でしょう。
ほんと世の中には「物書きとしての矜持はあるのかっ!!」って言いたくなるライターが多いこと、多いこと。

「真央ちゃんサゲ」を使命とし、スケ連に都合のいい提灯記事ばかり書いている、○島ひ●のさんなんてその筆頭格。
真央ちゃん復帰で、また彼女のところに執筆依頼が増えるんでしょうね(怒)。私は彼女のことを真央ちゃんに対する人権蹂躙で訴えてやりたいと真剣に思ってますよ!!!!

Commented by 藤見 瑠奈 at 2015-05-22 17:23 x
真央ちゃんも舞さんも信夫先生も、皆さん言葉尻を捉えられないように気を使っているのが伝わりますね。特に余計な憶測や無理強いするような世論誘導されないよう配慮してます。
メディアのご都合主義を熟知してるからでしょう。
それにしても、さすがにJOはないわぁ〜(笑)
半年様子見という事は返答を今月中のGPSも無しですよぉ。
私も海外のB級〜地区予選まで調整で、全日本メインで十分だと思います。真央ちゃんならB級無しで予選だけで調整でもイケルと思う。(それで一番悔しがるのがテレビ局やスケ連?テロ朝涙目〜苦笑)
あとは難易度がどのくらいのプログラムにするか、ですかね。ラフコン並みのプロにするのかしら…ま、真央ちゃんならありえる…汗。(そう言えば、XOI?の練習映像で3A跳んでませんでしたっけ?多分その辺りでも「!」という気持ちが湧いて来たんでしょうね)
本当にフィギュアをスポーツとして高みに押し上げたアスリートです。
田村明子氏の記事にローリー先生からのコメントも出てましたね。
記者会見後、様々な報道、記事が続々出てる中で、普段フィギュアなんて無関係なのに、こういう時だけ、やたら粘着してくる輩って…やっぱりアッチ系メンタルなのばかりですねぇ〜。何かにつけてすぐ絡んでくる…お里が知れる。
ISUも、何食わぬ顔で過ごしているけど、裏側はいろんな方面からも追求されてたり、なんだかんだ問題抱えてそうですね。そりゃ当然だわ。

今後もしかしたら、ラジオ〜ザ・アイス以降、暫く真央砂漠になるのかなぁ…
Commented by ココ at 2015-05-23 00:31 x
さすが、佐藤先生。
「もう1度やることはそんなに簡単なことではないと、懇々とさとした」。
真央ちゃんにこんな事言えるのは、佐藤先生しかいないですもんね。

佐藤先生が、ミヤネ屋に出演されたとき、「私もずいぶん年ですから、自分の健康に気をつけながら頑張りたいと思ってます」とおっしゃったのですが、その言葉を聞いて、失礼な言い方ですが「あぁ、佐藤先生も腹をくくられたんだ」と感じました。
浅田真央のコーチであることがどれだけタフなことか、日本のマスコミ連中にはわからないでしょう。

一方、ロシアのメディアは、歓迎というより、「深刻な競争相手の復帰」と報じました。
だからこそ、ロシアは手強い。
Commented by aloha0508 at 2015-05-27 00:01
> Isabelleさん、今晩は!コメント有難うございます。
本当にそうなんですよね~!!
信じられる人の言葉っておのずと伝わってきますから、誰が真実味があるのかはたまた嘘つきかがよく分かりますから!
真央ちゃんの掲げる最低レベル・・・真央ちゃんあなたはさすがです!
こんなに素晴らしく高みを目指すなんて、男前すぎる~(*´∇`*)
そうなんですよね、スタミナの部分とか、やっぱり心配なのは腰痛。。。
やると決めたからには心配などないのかもしれないけど頑張りすぎてしまう真央ちゃんはやっぱり心配です。
でも信夫先生も真央ちゃんに打診されてから本当に色々と考えられたと思います。
考え抜いたからこそ、真央ちゃんの熱意に対して一緒にやっていこうと思ったんだろうなって。真央ちゃんの瞳の中に闘志が見えたんだろうな~って思います。
Isabelleさんも、アスリートだたんですか!!
となると、体力作りの面とかその他色々なことがよくお分かりになりますね。
復帰戦、私もGPSのが練習期間があると書いたりしましたが、よく調べたらB級大会に参加したらブロック免除になる見たいです。
だとしたら、10中位にあるB級の試合で調整するのもよしですね!
ほんとに、マスコミやスケ連の思い通りにはさせたくないですね。
あのライター最低ですよね(怒)
ほんとによくもま堂々と言えたもんですよ。
ああやって書いてるやつに限って連絡先とかないんですよね。大クレーム付けたいですもの。
○島ひ●の←この人に匹敵するくらい最低レベルのライターですね。
Commented by aloha0508 at 2015-05-27 00:08
>藤見瑠奈さん、今晩は!コメントありがとうございます。
藤見さんのおっしゃる通り、真央ちゃんを守る皆さんは、ちゃんと一語一句ぶれないように話されてます。決してのせられたりしないですし。
真央ちゃん自身も『自分の発言には気をつけている。言ったことがすぐにニュースに取り上げられてしまうから』と言っていました。
真央ちゃんの言葉がぶれないのも納得です。
しかもどんなに酷いことを言われても、それでも怒りをあらわにすることもなく・・・思うだけで泣けてきますよ~
半年の様子見・・・GPS無しですね。B級大会にエントリーするとブロック免除されるんですね。なら、B級大会で様子見をしてでいいと思います!
Joなんて絶対にないですよ~あるわけがないですね!
XOIでもSOIでも練習の時に3A跳んでましたよね~^^
そうやって、いきなり跳んでもツーフットだろうが跳べちゃってるんですから。真央ちゃんったら素晴らしいですよ。
ローリーの記事教えてくださって有難うございました(お礼が遅くなってすいません)
ネタになると言えばハイエナのように沸いて出てくるマスコミ・・・
本当に蹴散らしたいです。
ラジオ〜ザ・アイス以降、、、復帰戦を決めるまで真央砂漠が続くと思うので、今のうちに沢山Maomaoしておきましょうね!
Commented by aloha0508 at 2015-05-27 00:13
>ココさん、今晩は!コメントありがとうございます。
確かにそうですよね~!
真央ちゃんに諭した=気持ちを試したんでしょうね。
そして、真央ちゃんの気持ちが変わらないことを確認した信夫先生・・・
ソチ後、まだまだ伸び白があるし教えたいことが沢山あると言ってました。
信夫先生も覚悟を決めて真央ちゃんと一緒にスケートの頂点を極めようと誓ったんだろうなって思います!!
>浅田真央のコーチであることがどれだけタフなことか、日本のマスコミ連中にはわからないでしょう。
まさしくおっしゃる通りですよ。
本当に腹をくくられたんだなって思います。
ロシア・・・最初は好意的なニュースが多かったそうですが、日一日と真央ちゃんの凄さに脅威を感じてきたんでしょうね!けん制の仕方がそのものですものね!!
by aloha0508 | 2015-05-22 00:43 | 真央ちゃん | Trackback | Comments(6)

フィギュアスケートが好きです。特に浅田真央選手を応援しています。


by aloha
プロフィールを見る
画像一覧