2011年 09月 30日 ( 1 )

「フィギュアシーズン到来 上を向いて滑ろう 浅田真央・小塚崇彦 中日新聞より

今回の記事は、先日 中日新聞に掲載された真央ちゃん&こづこづのインタビューの模様を
ブログ『主イエス・キリストによってケ・セラ・セラな毎日』の、いえねこ様の許可をいただき、私のブログに掲載いたしました。
いえねこ様、貴重な記事の掲載許可を有難うございまいた。
食い入るように見入ってしまいました。

私の住むところでは、本当にフィギュア情報が薄いので
名古屋方面の方々から得られる情報が貴重なものとなっていますヾ(=^▽^=)ノ♪

e0199691_0274871.jpg


「フィギュアシーズン到来 上を向いて滑ろう 浅田真央」 

中日新聞よりフィギュアスケートの新たなシーズンが、10月から本格的に始まる。日本勢は今季も世界の頂点を目指す。注目はバンクーバー五輪銀メダリスト浅田真央(21)=中京大と、昨季の世界選手権で初めて銀メダルを手にした小塚崇彦(22)=トヨタ自動車。東日本大震災の影響で例年より1ヶ月短いオフを過ごし、どんなシーズンを思い描くか。開幕を前に率直な気持ちを語ってもらった。

e0199691_1102661.jpg


迷い薄れ 今は楽しみ(真央ちゃん談)

この春のオフに入るとき、正直言って「次のシーズンの目標はどうしよう」という気持ちがありました。2010年にバンクーバー五輪が終わり、昨季は日本開催の世界選手権を目標にしていました。それが東日本大震災のため1ヶ月遅れ、会場もロシアに変わって。表彰台にも上がれず悔しさを味わいました。

ただ、夏場に練習をしていく中、迷いは薄れてきました。やっぱり試合のためにやっているんだという気になり、今は新シーズンが楽しみです。

佐藤信夫コーチに習い始めて1年近く。滑り方もだいぶOKをもらえるようになりました。ジャンプも昨季より良くなりましたが、今はそこにとらわれず、プログラム全体をいかに完成に近づけられるかを考えています。

今季のショートプログラムの曲は、バレエ音楽の「シェヘラザード」。かわいらしく、アジアンチックで一風変わった感じ。フリーは昨季と同じ「愛の夢」。すごく気に入ってる曲なのに、未完成で終わってしまったから。2年目なのでもう体になじんでいるし、気持ちにゆとりがあります。

初戦は11月のNHK杯。大事な大会ですが練習でやるべきことをやっておけば問題ないと思っています。昨季はあまりいい演技をお見せできませんでした。今季はいい演技をし、多くの方に応援してもらえるよう頑張ります。(談)




そうですよね~真央ちゃん。世選で悔しかったのは、誰よりも当事者の真央ちゃんだったはず。
四大陸で2位となり、笑顔いっぱいの真央ちゃんでいて…
そんな中でのあの大震災。。。
誰があんな大きな震災を予想できたでしょうか?
映像で目の当たりにする衝撃…
気持ちを切り替えるのだって大変だったはず。(日本選手全員に言えることですが)

シーズンオフは、被災地の方々のために真央ちゃんが今できる精いっぱいの…
沢山のチャリティーショーをやったり、チャリティーブック販売だったりと
今までと違った多くのことを経験したんだろうなって思うんです。

色んなことを吸収し、ショーの後の練習に取り組んでいった真央ちゃんが
どんな表現の仕方をするのか…
楽しみで仕方がないです。真央ちゃんが笑顔でいられることがね、
沢山のファンも笑顔になるってことなんですから!
応援せずには居られません(かなり方向の違う力説になってしまいました(^_^;))

本題に戻って…
信夫コーチに滑り方もだいぶOKをもらえるようになったって…(笑)
どれだけ、ダメ出しを受けていたんでしょうね。
オリンピック銀メダリストの真央ちゃんにだめだしですよ~(*'ー'*)ふふっ♪
今シーズンは、ジャンプにとらわれず、プログラムの完成度をあげていくことに専念していくようですね。
でも、真央ちゃんの代名詞は3Aですから、外すことはないでしょう(^▽^)

本当に昨シーズンからよりステップアップした真央ちゃんを見ることが本当に楽しみです♪




さてさて、次はこづこづです…♪
e0199691_111913.jpg


問題 一つ一つクリア(こづこづ談)

http://sevencats.exblog.jp/ 
世界選手権の銀メダルは今までと何かを変えたわけではなく、やってきたことがようやく成績につながりました。同じ姿勢で積み上げていくことが、今年もそうだし来年、再来年も必要だ思います。

今季はまだ演じたことのないフラメンコとかをやりたかったけど、オフが忙しくて十分な時間がなかった。じゃあ慣れているけど少し違う、できるだけスケートらしくないものを、とプログラムを決めました。

ショートプログラムはジャズ。振付師には「表現も体の動きもできている。あとは顔だけ」と言われている。表情なんて今までは考えたこともなかったです。

フリーはジブリのアニメ映画から「ファンタジア・フォー・ナウシカ」。インターネットで曲を探したときに、自分のスケートに合うなと想像できました。そのときは映画は見たことがありませんでした。見る人もストーリーを意識するよりも、できれば音そのものから感じる印象と、動きが合っているかなと見てもらいたいです。

フリーはようやく骨組みが間に合ったくらい。あとは何が必要かを確かめながら、試合ごとに成長していくこと。替えた靴が合わなかったりと問題が多くて、今目標を立てるのは難しい。落ち着いて一つ一つをクリアしていくことが大事だと思っています。(談)



('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン
オフはショーに参加し続けていましたから
本当に忙しかったでしょうね。

いやぁ~こづこづのフラメンコ…ぜひ見たかったな~
来年?再来年?きっと挑戦していくんでしょうね。

SPの振り付け師に『後は顔だけ』って・・・
確かにこづこづの顔での表現って今まで見てきて
表情からどうのって感じではなかったですからね。

このインタビューを読んでいくと
本当に忙しすぎて、SP&FSに対して突き詰めていく時間がなかったんだなって感じられますね・
もうすでに30日。って事は明日1日がジャパンオープン
プログラムのお目見えなんですよね。
いえねこさまもおっしゃっていましたが、この記事は一体いつのインタビューなんでしょうね。
先月末くらいかな?
なら、今は気持も十分切り替えられて
ジャパンオープンに向けて練習に励んで、何か目標を見出しているかもせれませんね。



3年後の五輪へ自分と向き合う
e0199691_141697.jpg


今季は五輪のはざまに当たるシーズン。新しい挑戦や再出発など、選手それぞれが3年後のソチ五輪も見据えて異なるテーマに取り組む。

女子は昨季の世界女王、安藤美姫(トヨタ自動車)がシーズン前半のグランプリ(GP)シリーズを欠場する。実績で飛び抜けているのは、昨季力を出しきれなかった浅田。完成度を高めている新しい滑りを、試合でファンに披露したい。

村上佳菜子(愛知・中京大中京高2年)は昨季以上に大人らしい繊細な演技を目指す。復活を期す鈴木明子(邦和スポーツランド)や、村上と同じシニア2年目の今井遥(東京・日本橋女学館高3年)も注目される。

男子では、小塚も含めてレベルの高い争いが期待される。オフに膝の手術を受けた高橋大輔(関西大学院)は回復具合が鍵を握る。織田信成(関西大学院)を含めた3人を追う1番手が羽生結弦(宮城・東北高2年)。まず初めてのGPファイナルを目指す。



(゜-゜;)ウーン私も今の佳菜ちゃんに大人っぽさを表現する方向ではなく
今しかない佳菜ちゃんの元気いっぱいな感じでのプログラムでいてほしかったですね。(あくまで、個人的感想です)
白い衣装なんか、美姫ちゃんの大人っぽいプログラムに引き寄せられてるのかな?なんて思ったりして…

本当に、日本人選手の層は厚いです!しかも男女ともに
どんな試合が繰り広げられるのか…
毎回書いてますが、ドキドキです。





にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[PR]
by aloha0508 | 2011-09-30 01:18 | 真央ちゃん | Trackback | Comments(2)

フィギュアスケートが好きです。特に浅田真央選手を応援しています。


by aloha
プロフィールを見る
画像一覧