カテゴリ:宇野 昌磨( 1 )

昌磨くん高校卒業おめでとう!!

謙虚な好青年か? 無鉄砲な若者か?
宇野昌磨、氷上で劇的に変わる性格。

posted2016/02/18 13:15
e0199691_0491626.jpg
シニアデビュー1年目からGPファイナル3位の成績を残すなど好調の宇野。前回の四大陸選手権では右足首ねんざの影響もあり5位。今回の躍進が期待される。

 2月18日からフィギュアスケートの四大陸選手権が始まった。男子では昨年の王者デニス・テンや、元世界王者で休養から復活したパトリック・チャンなど強豪が揃う。Number896号では熾烈な争いの中、活躍が期待される日本の新鋭・宇野昌磨の独占インタビューを掲載。インタビュアーはフィギュア取材の第一人者・野口美惠氏だ。その内容は今季の活躍著しい宇野の躍進の秘密を赤裸々に明かすものとなった。
 2015年3月の世界ジュニア選手権に優勝し、今シーズンからシニアデビューした宇野。GPシリーズ2戦で活躍すると、いきなりファイナル進出を果たした。初舞台のGPファイナルでも堂々の演技で、羽生結弦、ハビエル・フェルナンデスという2人の世界王者に続いて3位に。12月末の全日本選手権では羽生に次ぐ2位となり、次世代エースとして名乗りを上げた。

 そんな宇野の取材は1月中旬、Number895号で掲載された宮原知子のインタビューと同じ日、同じ場所で行われた。宇野と宮原、2人は普段の練習拠点は異なるものの、今年4月に大学進学を控えた高校3年生。同世代として共通する部分も多いのだろうかと考えていたが、取材で感じたのは、正反対と言ってもいい2人の才能あふれるスケーターの姿だった。

 インタビューと撮影は、まず宮原の取材が先に行われ、入れ違いに宇野の取材が続けて行われた。2人の性質の違いは、写真撮影の際から表れていたといえる。カメラマンの平野愛さんが語る。

宮原と宇野の「静」と「動」。

「宮原さんはこういう撮影に慣れてないのか、とても緊張している様子で、私がこういう姿勢を取ってほしいとリクエストすると、さっとそのポーズを取って、あとはずっと集中して同じ状態を保っている。一方の宇野さんは逆に、こういう格好をしてほしいと決めてからも手や上体を動かしたり、一番いい写り方をずっと探しているようで、よく動くんですね。『静』と『動』というと大げさだけど、ずいぶん対照的な2人やなと思いました。撮影が終わったあとのインタビューも聞いてたんですけど、そのエピソードも正反対で、興味深かったですね」

 対照的だったのは、例えば学校生活についてのコメントだ。宮原はNumber895号のインタビューでこう答えている。

「友人が何でも話し合える大切な存在で、趣味のことも勉強のことも色々話します。学校のテストは、直前にバーッと詰め込むんですが、友達が『この辺が出るよ』とか教えてくれることも」

「独りでいるのが好き」な好青年。

 一方の宇野は、

「独りでいるのが好きで、本当は友達いないんですよ。休みの日は家にこもって、コンビニでも行こうかなと思ってるうちに夜の10時になって、もう寝ようか、みたいな感じです」

 と少し陰のある笑いを浮かべながら話した。

 インタビューの際の様子はとても礼儀正しく、語り口は謙虚。山田満知子コーチが彼を「好青年」と形容するのもわかる、いい人ぶりなのだった。

 ところが、氷上での宇野昌磨はまた別の一面を見せる。この点でも宮原と比較してみたくなるのだが、内なる闘志を決して外には見せず、常に冷静で正確無比な演技を披露する宮原に対して、宇野昌磨のスケートはとにかくアグレッシブなのだ。

宇野の「攻め切る」強気な演技。

 特にそれがよく現れたのが昨年12月末の全日本選手権。フリーでの演技、冒頭の4回転が2回転になってしまった宇野はなんと最後のジャンプを急遽4回転に変更した。それは普通では考えられない選択肢だった。結局、最後のジャンプも失敗し、2回転に終わったが、演技を終えミックスゾーンで記者に囲まれた宇野はこう述べた。

「攻め切ることができたので満足です」

 その表情には強がる所や見栄を張る部分は全くない。本心からの言葉であることがその場にいた記者たちにはわかったから、誰もがその「強気な姿勢」に驚いた。インタビューではその時のより詳しい心情も語っているのだが、それは是非、記事でご確認いただきたい。

 インタビューではさらに、氷上の宇野の強気の秘密、今季の躍進のこと、4回転を初めて降りた時、そして本人が「追いかける目標」と語る羽生結弦選手についての思いを語っています。詳しい内容は是非、Number896号掲載の独占インタビュー「モチベーションはユヅ君の存在です」でお読みください。さらに宮原知子選手のインタビューは895号に掲載、こちらとの併読もお勧めいたします。


宇野 中京大中京高で卒業式「楽しい3年間だった」
e0199691_059566.jpg

中京大中京高の卒業式に出席した宇野昌磨

 フィギュアスケート男子で今季からシニアに本格参戦してグランプリ(GP)シリーズ初優勝を果たした宇野昌磨(18)が29日、名古屋市内で行われた中京大中京高の卒業式に出席し、高校生活に別れを告げた。学校行事にほとんど参加できなかったというが「学校に来られなかった中でも思い出はある。楽しい3年間でした」と振り返った。

 4月からは浅田真央らも通った中京大に進学する。「スケートは今まで以上に取り組めるように努力する。他もおろそかにせず、頑張って卒業したい」と抱負を語った。

 2月に台北で開催された四大陸選手権では4位に終わって表彰台を逃した。3月末に開幕する世界選手権(米ボストン)に向け「この1年で成長した自分を出せれば」と意気込んだ。
[ 2016年2月29日 17:29 ]

【フィギュア】宇野、卒業式で“マダムキラー”「女の子のお母さんたちと写真撮った」
2016年2月29日17時21分 スポーツ報知
e0199691_105662.jpg
中京大中京高の卒業式に出席した宇野昌磨
e0199691_11433.jpg

女子生徒の卒業アルバムにサインをする宇野昌磨

 昨年のフィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル銅メダリストの宇野昌磨(18)=中京大中京高=が29日、名古屋市の同校で行われた卒業式に出席。高校2年で声変わりしたことをカミングアウトした。

 「入学した時は声変わりもしていませんでしたし、トリプルアクセルも、4回転トーループも跳べなかった」と3年間を振り返った。

 一般的に声変わりするのは12~13歳。ただ、声変わりしてからは、2014年のジュニアGPファイナルと15年の世界ジュニアで優勝。シニアに本格参戦した今季は昨年12月のGPファイナルで銅メダルを獲得した。

 少年から大人への階段を上る次世代エースは“マダムキラー”ぶりを発揮した。「最後は女の子のお母さんたちと写真を撮りました。お母さんたちの方が、たくさん撮っていたと思います」と照れ笑いを浮かべた。在校生だけではなく、親からもサインをせがまれるほどの人気だった。

 高校の3年間を振り返り「勉強をやっておけば、もう少しマシな頭になっていたと思うんですけど…」と苦笑。修学旅行や体育祭、文化祭には出席できなかったが、一番の思い出として、昨夏の全国高校野球選手権大会へ応援に駆けつけたことを挙げた。

 初出場の世界選手権(米国・ボストン)は、3月末に開幕する。世界で誰も試合では成功したことがない4回転ループ挑戦については「するしないを悩んでいる暇もないぐらいやることがたくさんある。とりあえずループは置いといて、ほかのことを練習しています。4回転トーループが一番確率が悪いので、そこを一番重点的に練習しています」とメダル獲得を目指し、卒業式が終わると練習場に直行した。

Show Max -32 昌磨の祝中京大中京高校卒業!
動画主様、感謝してお借りいたします。

チビショーマくんかわいいですよね。
あんなにちっちゃかった昌磨くんが春から大学生だなんて~( ´艸`)

昌磨くん高校卒業おめでとう!!





にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ



[PR]
by aloha0508 | 2016-03-01 01:18 | 宇野 昌磨 | Trackback | Comments(2)

フィギュアスケートが好きです。特に浅田真央選手を応援しています。


by aloha
プロフィールを見る
画像一覧